ドライバーの勤怠管理も可能

ドライバーの勤怠管理も可能

ドライバーの勤怠管理も可能 大型トラックで運送業を営んでいる方は、長距離の輸送をメインにしていることは多く、流通業に分類される会社にとっては欠かせない存在として契約を結んでいることが一般的です。大型トラックの場合は、運送業管理システムを搭載していることになり、数多くのトラックと従業員を抱えている運送会社にとっては非常に効果的な機能性を発揮できます。長距離輸送の場合は1回の仕事で数日間にわたりドライバーが荷物を輸送することが必要とされるので、安全対策を十分に行わないと事故を起こしてしまうリスクと、過労による病気を持ってしまうことはゼロではありません。

クラウド式の運送業管理システムは、会社の事務所内でパソコンから常に情報を収集することができ、直接にドライバーと会話をしなくても走行スピードや走行している位置も簡単に判断できます。一方で勤怠管理にも役立つ機能が付けられている運送業管理システムも多く、連続運転時間が長くなった際には休憩を指示する方法も出来ますが、勤怠管理で不公平さが無くなるようにシフトを作成することができ、各ドライバーに十分な働きやすい環境を与えることにも役立ちます。

運送業管理システムで経費削減が可能になる

運送業管理システムで経費削減が可能になる 運送業管理システムにはさまざまな機能があります。その中の一つに配送管理機能があり、この機能を活用することで経費削減が可能となります。配送するための配車を最適にすることで運送コストの削減が可能です。ただ保有する車両が多く、配送拠点が全国に点在している場合、最適な配車を実現するのは困難です。そこで運送業管理システムが力を発揮します。積載率をあげるための最適な方法をさまざまなデータから導き出してくれます。

運送業管理システムの導入には当然コストがかかります。しかし、それを上回る経費削減が実現できれば、導入メリットはあると言えます。実際に導入している企業は数多くあり、その多くは経費が削減できています。年間数千万円のコスト削減ができた企業も珍しくありません。最近はクラウドサービスとして運送業管理システムが提供されています。クラウドサービスなら初期費用が少なく、導入しやすいメリットがあります。運用後のメンテナンスも任せられるので便利です。